暦のお話

今日は何の日

10月20日から2020年秋の土用入り。して良いこと悪いこと。秋の土用に食べるとよいものがありますよ!

2020年10月20日は秋の土用入り。土用って夏の「土用丑の日」でウナギを食べる日よね~!と思ったそこのあなた!土用っていうのは、夏だけじゃないし、ウナギ以外にも食べるといいものもあるんですよ。土用の意味を知って、土用期間に厄を払い、運気をパワーアップいたしましょう。
2020.10.21
その他のラッキーデー

10月17日から天一天上入り。GoToトラベルにピッタリ。凶方位がなくなってどこでも行ける期間なんですよ。

2020年10月17日は天一天上(てんいちてんじょう)入り。天一天上とは、天一神さまが天上に昇られるため、凶方位の方角の障りが無いのでどこにでもいけると言われている期間なんですよ。GoToトラベル行くならこの期間がねらい目。
九星気学

【土用殺方位】土用期間に行ってはいけない土用殺方位とは?年に4回ある土用の期間の土用殺一覧です。

土用の期間に行ってはいけない「土用殺方位」。立春、立夏、立秋、立冬の前の 約18日間を土用といいます。土用期間は、季節の変わり目。ウロウロと動くよりもじっくり休んで体力・気力を蓄えようという期間。そのために行ってはいけない方位があるのかもしれませんよ。
今日は何の日:暦編

10月8日は十方暮れ入り。「途方に暮れる」と言われる十方暮れの間にしてはいけないことは?少し立ち止まって考える期間でもあるんです。

2020年10月8日は十方暮れ(じっぽうぐれ)入り。十方暮れってどんな日かご存知ですか?途方に暮れるの語呂合わせとも言われている日なんですよ。60日のうち10日間もあるこの期間にしてはいけないこと。あなたも思い当たることが!
二十四節気のお話

2020年9月22日は秋分(しゅうぶん)。二十四節気の第16。お彼岸の中日。他にもこんな日なんですよ。

今日は「秋分(しゅうぶん)」。暦では「暑さ寒さも彼岸まで」のお彼岸の中日。この日、実は昼夜の長さは同じではないんです。またこの日食べるのは「おはぎ」?「ぼたもち」?どっち?
二十四節気のお話

9月22日は秋分。秋分の「分(ぶん)」って何?「二十四節気」の「二至二分四立」ってな~んだ?

暦の上では秋、と言われる立秋。そもそも春分の「分」、夏至の「至」、立春の「立」ってなんでしょうか?二十四節気(にじゅうしせっき)はご存知でも「二至二分四立(にし・にぶん・しりつ/しりゅう)」をご存知の方はかなりの暦通!二十四節気がどういう考え方で作られたか、詳しく調べてみました。
今日は何の日:暦編

2020年9月24日から秋の大つち。木の剪定、土いじり、リフォームの日取りなどご注意下さいね。

庚午の日から甲申(きのえさる)の日までは、選日の一つ「大つち・小つち」の期間です。大つち・小つちの吉凶はずばり「地鎮祭には凶」。「土いじりはダメ」の日です。どうすればいいのでしょうか?またいつからいつまでが大つち・小つちかお伝えします。
今日は何の日:暦編

2020年9月14日は庚申(こうしん)日。病気平癒や厄除けなどのご利益のために行う、日本独自の風習なんです。アマビエもいいけどくくり猿もね。

9月14日は庚申日。病気平癒や厄除けなどのご利益のために行う日。聞いたことのない人も「見ざる聞かざる言わざる」はご存知のはず。実は、庚申日って日本独自に発展したいかにも日本らしく道教・仏教・神道・民間信仰などなどいろいろな物が複雑に混ざり合った日だったんですよ。
その他のラッキーデー

2020年9月18日は甲子の日(きのえねのひ)。長く続けたい物事を始めるならこの日!ですよ♡

甲子日(きのえねのひ)ってご存知ですか?60日に1回やってくる、物事を始めると長く続くと言われている日。何かを始めるにはピッタリなんですよ。一説によると、三千年以上前から甲子日から始まる六十干支のサイクルが途切れることなく続いているそうです。そんな歴史のある甲子日にすると良いことは?
2020.10.14
今日は何の日:暦編

2020年9月6日は八専(はっせん)入り♡八専ってどんな日?「やる気スイッチ」を押す期間です。

9月6日は八専(はっせん)入り。いい日になるか悪い日になるかはあなた次第の期間です。八専の期間にしておくとよい事、注意する事をお伝えします。
その他のラッキーデー

【最上級の開運日】2020年9月2日は天赦日。年に数回しかない最上級の開運日♡何をしたらいいかはズバリこれ!

「年に数日」しか来ない天赦日。2020年の第四回目・6月20日はこの天赦日と「一粒万倍日」が重なる「最高の大吉日」です。ご自分の運気+最上級の良い運気を取り入れることによって、今まで躊躇してできなかったことを始めてみましょう。
2020.10.14
二十四節気のお話

8月7日は立秋。立秋の「立(りつ)」って何?「二十四節気」の「二至二分四立」ってな~んだ?

暦の上では秋、と言われる立秋。そもそも春分の「分」、夏至の「至」、立春の「立」ってなんでしょうか?二十四節気(にじゅうしせっき)はご存知でも「二至二分四立(にし・にぶん・しりつ/しりゅう)」をご存知の方はかなりの暦通!二十四節気がどういう考え方で作られたか、詳しく調べてみました。
2020.09.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました