土用入り

歴注・選日・吉日カレンダー

【2023年夏の土用④】7月20日(木)~8月7日(月)まで。夏の土用にすると良いことは?

【夏の土用④】2023年7月20日は夏の土用入り。今回は土用にするとよい事です。土用の間は、厄が溜まりやすい時期。ごみと一緒に家中の厄を払ってしまいましょう。土用の意味を正しく知って、土用期間に運気をパワーアップいたしましょう。 
歴注・選日・吉日カレンダー

【2023年夏の土用③】7月20日(木)~8月7日(月)まで。ウナギだけじゃない!夏の土用に食べるとよい日と食べ物は?

【夏の土用③】2023年7月20日は夏の土用入り。今回は土用に食べるとよい日と良いものです。「土用丑の日」はウナギを食べる日だけじゃないんです。土用の意味を正しく知って、土用期間に運気をパワーアップいたしましょう。 
歴注・選日・吉日カレンダー

【2023年夏の土用②】7月20日(木)~8月7日(月)まで。夏の土用に行ってはいけない土用殺方位は?

【夏の土用②】2023年7月20日は夏の土用入り。今回は土用期間に行ってはいけない方位「夏の土用殺方位」です。土用の意味を正しく知って、土用期間に運気をパワーアップいたしましょう。
歴注・選日・吉日カレンダー

【2023年夏の土用①】7月20日(木)~8月7日(月)まで。土を犯してはいけない期間。夏の土用にしてはダメな事は?

【夏の土用①】2023年7月20日は夏の土用入り。土用って夏の「土用丑の日」でウナギを食べる日でしょ?と思ったそこのあなた!土用っていうのはウナギを食べる日じゃないんです。行ってはいけない方位もあったり、土用の意味を知って、土用期間に運気をパワーアップいたしましょう。
カレンダーまとめ

【2023年の土用カレンダー】次は冬の土用で1月17日から。年に4回ある土用の期間。季節の変わり目で土いじりはダメ。ウナギ以外に食べると良いものも。

【2023年の土用入りと期間、土用の間日のカレンダー】立春、立夏、立秋、立冬の前の 約18日間を土用といいます。土いじりやリフォーム工事などの日程を決める前にご覧ください。
歴注・選日・吉日カレンダー

【2023年冬の土用④】1月17日(火)~2月3日(金)まで。冬の土用にすると良いことは?

【冬の土用④】2023年1月17日は冬の土用入り。今回は土用にするとよい事です。土用の間は、厄が溜まりやすい時期。ごみと一緒に家中の厄を払ってしまいましょう。土用の意味を正しく知って、土用期間に運気をパワーアップいたしましょう。
歴注・選日・吉日カレンダー

【2023年冬の土用③】1月25日(水)は土用未の日。この日に食べるとよい物は?

【冬の土用③】2023年1月17日は冬の土用入り。今回は土用に食べるとよい日と良いものです。「土用丑の日」でウナギを食べる日だけじゃないんです。土用の意味を正しく知って、土用期間に運気をパワーアップいたしましょう。 
歴注・選日・吉日カレンダー

【2023年冬の土用②】1月17日(火)~2月3日(金)まで。冬の土用に行ってはいけない土用殺方位は?

【冬の土用②】2023年1月17日は冬の土用入り。今回は土用期間に行ってはいけない方位「冬の土用殺方位」です。土用の意味を正しく知って、土用期間に運気をパワーアップいたしましょう。
歴注・選日・吉日カレンダー

【2023年冬の土用①】1月17日(火)~2月3日(金)まで。土を犯してはいけない期間。冬の土用にしてはダメな事は?

2023年1月17日は冬の土用入り。土用は季節の変わり目。していい事、悪い事がはっきりしている期間です。土用の意味を知って、土用期間に厄を払い、運気をパワーアップいたしましょう。
歴注・選日・吉日カレンダー

【2022年秋の土用①】10月20日(木)~11月6日(日)まで。土を犯してはいけない期間。秋の土用にしてはダメな事は?

【秋の土用①】2022年10月20日は秋の土用入り。土用は季節の変わり目。していい事、悪い事がはっきりしている期間です。土用の意味を知って、土用期間に厄を払い、運気をパワーアップいたしましょう。
歴注・選日・吉日カレンダー

【2022年秋の土用③】10月30日(日)は土用辰の日。この日に食べるとよい物は?

【秋の土用③】2022年10月20日は秋の土用入り。今回は土用に食べるとよい日と良いものです。「土用丑の日」でウナギを食べる日だけじゃないんです。土用の意味を正しく知って、土用期間に運気をパワーアップいたしましょう。 
歴注・選日・吉日のお話

【土用殺方位】土用期間に行ってはいけない土用殺方位とは?年に4回ある土用の期間の土用殺一覧です。

土用の期間に行ってはいけない「土用殺方位」。立春、立夏、立秋、立冬の前の 約18日間を土用といいます。土用期間は、季節の変わり目。ウロウロと動くよりもじっくり休んで体力・気力を蓄えようという期間。そのために行ってはいけない方位があるのかもしれませんよ。
タイトルとURLをコピーしました