今日は何の日

今日は何の日

2020年8月3日夜はみずがめ座の満月。豊かな自分の未来を先にイメージすると良いのが今回の満月。まずはお財布をフリフリ。

8月4日はみずがめ座の満月。こんな時でもできること。満月の日は『お財布フリフリ」してますか?スピリチュアルの視点からだけでなく、ファイナンシャルプランナーさんなども、お金がたまる人は、お財布に余分なポイントカードやレシートをためてないといいます。月に一度お財布をクリーンにして、お財布フリフリ一度やってみてはいかがですか?簡単ですよ。
2020.08.03
今日は何の日

2020年8月15日は三伏の最後の1つ「末伏」。酷暑の頃を表す「三伏」ってどんな日♡

「三伏(さんぷく)」とは7月中旬から8月上旬に使われる言葉。酷暑の頃を表す言葉として 「三伏の候」「三伏の猛暑」と手紙の前文に書くなど、現在も用いられているんですよ。歴注の中でも古くからある由緒正しい「三伏」の意味を詳しくお伝えします。
今日は何の日

8月25日は庚子(かのえね)日。2020年『干支併臨(かんしへいりん)』の方は大きな変化が起こるかも。うまく活かして人生の転換期を乗り切って!

『干支併臨(かんしへいりん)』ってご存知ですか?干支併臨すると、巡ってきた年、月、日とその前後の3年間、3ヶ月、3日は人生の転換期や大激動がおこりやすい時期となります。今年は「庚子」年。どんな方にどんなことが起こりやすいのか、ぜひ知ってください。あの芸能人も今年干支併臨してましたよ。
2020.08.03
今日は何の日

8月18日から天一天上入り。凶方位がなくなってどこでも行ける期間なんですよ

2020年8月18日は天一天上(てんいちてんじょう)入り。天一天上とは、天一神さまが天上に昇られるため、凶方位の方角の障りが無いのでどこにでもいけると言われている期間なんですよ。
今日は何の日

8月9日は十方暮れ入り。「途方に暮れる」と言われる十方暮れの間にしてはいけないことは?少し立ち止まって考える期間でもあるんです。

2020年8月9日は十方暮れ(じっぽうぐれ)入り。十方暮れってどんな日かご存知ですか?途方に暮れるの語呂合わせとも言われている日なんですよ。60日のうち10日間もあるこの期間にしてはいけないことを詳しくお教えします。
今日は何の日

2020年9月2日は天赦日。年に数回しかない最高の開運日♡新しい自分になりたいのなら、この日から始めるつもりでね。

「年に数日」しか来ない天赦日。2020年の第四回目・6月20日はこの天赦日と「一粒万倍日」が重なる「最高の大吉日」です。ご自分の運気+最上級の良い運気を取り入れることによって、今まで躊躇してできなかったことを始めてみましょう。
今日は何の日

2020年8月2日は2回目の土用丑の日。ウナギ以外にもある食べるといいもの。土用たまごや土用シジミ、土用餅って?

2020年年8月2日はなんと2回目の「土用丑の日」。実はウナギ以外にも食べると良いものがあるんですよ。土用に食べると良いもの集めました。もちろんウナギもオッケーです。お子さんの夏休みの自由研究にも使えそうなネタもお教えします。
今日は何の日

2020年7月26日は三伏の1つ「中伏」。今回は大つちとも重なります。酷暑の頃を表す「三伏」ってどんな日♡

「三伏(さんぷく)」とは7月中旬から8月上旬に使われる言葉。酷暑の頃を表す言葉として 「三伏の候」「三伏の猛暑」と手紙の前文に書くなど、現在も用いられているんですよ。歴注の中でも古くからある由緒正しい「三伏」の意味を詳しくお伝えします。
2020.07.29
今日は何の日

2020年7月26日から夏の大つち。木の剪定、リフォームの日取りなどご注意下さいね。今回は夏の土用とも重なっています。

庚午の日から甲申(きのえさる)の日までは、選日の一つ「大つち・小つち」の期間です。大つち・小つちの吉凶はずばり「地鎮祭には凶」。「土いじりはダメ」の日です。どうすればいいのでしょうか?またいつからいつまでが大つち・小つちかお伝えします。
今日は何の日

7月21日は2回目のかに座の新月。今回の新月からのメッセージは「あなたの居場所が見つかります」。

7月21日はかに座の新月。新月にお願い事をすると叶うと言われています。ぜひ新月のお願い事を書いてみましょう。詳しい書き方のポイントと書いてはいけないボイドタイムをお伝えしますよ。まずは簡単でいいからやってみて。書くと良い時間もお伝えします。
2020.07.21
今日は何の日

2020年7月20日は甲子の日(きのえねのひ)。長く続けたい物事を始めるならこの日!ですよ♡

甲子日(きのえねのひ)ってご存知ですか?60日に1回やってくる、物事を始めると長く続くと言われている日。何かを始めるにはピッタリなんですよ。一説によると、三千年以上前から甲子日から始まる六十干支のサイクルが途切れることなく続いているそうです。そんな歴史のある甲子日にすると良いことは?
今日は何の日

2020年7月16日は庚申(こうしん)日。病気平癒や厄除けなどのご利益のために行う、日本独自の風習なんです。今年は初伏も重なっています。

7月16日は庚申日。聞いたことのない人も実は関係してるものを知ってますよ。実は、庚申日って日本独自に発展したいかにも日本らしく道教・仏教・神道・民間信仰などなどいろいろな物が複雑に混ざり合った日だったんですよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました